ハリウッドについて

 

なたは、「ハリウッド」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

 

ハリウッドと聞けば、たくさんの人が初めにアメリカの映画の街「ハリウッド」をイメージするでしょう。

 

ハリウッドと言えば、映画ということで、ハリウッドと言う言葉だけで「アメリカ映画」を指すこともあるくらいです。

 

元々、ハリウッドの地名は「Hollyの木」に由来して名づけられた地名なのです。

 

ハリウッドの丘陵地帯に、たくさん植生している植物に「Holly」というのがあります。

 

その昔、20世紀初頭には映画の中心地は、アメリカのニューヨークとシカゴだったのです。

 

映画関連会社の大手企業が、カンパニーを結成し、これに属していない中小企業から、特許料などを徴収していたのです。

 

しかし、これに反発した、中小企業数社がこれを避けるために、ロサンゼルス近郊のハリウッドに会社を移したことが、初めだと言われているのです。

 

その後、カンパニーもみんながハリウッドに会社を移し、ハリウッドが映画の中心地になりました。

 

さらに、このロサンゼルス近郊は気候も暖かくとても過ごしやすく、メキシコに近いのでカンパニーの調査員がきても、すぐに国境へ逃げることが可能だったのです。

 

このカンパニーは、長くは続かずに1917年には消滅したのです。

 

ハリウッドと言えば、遠くから見てもその名「HOLLY WOOD」看板が、山の上に掲げられていることでもかなり有名ですよね。

 

たくさんの人が、テレビなどを通してこの映像を一度は見たことがあるでしょう。

 

これは「ハリウッドサイン」と、呼ばれているものなのです。

 

晴れていれば、50km離れた場所からも、はっきりと見えますよ。

 

もともと、これは不動産会社「HOLLYWOODLAND」と、広告を取り付けたものだったのです。

 

その後、広告の保守・管理を辞めてしまったあとに、地元で寄付金を募り、全面改修して現在の形にしたのだそうです。

 

さらに、今度は別の不動産会社が現在の鉄骨の形で作り直して、今あるハリウッドサインを完成させたのです。