私は働く主婦で、年末もギリギリまで仕事をしていたので、例年の事ですが自分でおせちは作りません。去年まではおせちは買っていました。近くにイオンがあるので10000円のコースを購入し、雰囲気を楽しんでいましたが、どうしてもメニューの中に好き嫌いがあって、子供たちがエビと伊達巻ばかり食べ、それを奪い合ったり、マメや田作りは一切手を付けないという事があったために今年はおせちの購入をやめました。代わりに大みそかには中トロと赤身の鮪三昧の刺身と、エビフライ、ローストビーフを食べました。食卓の雰囲気として、御煮しめは作りました。鶏肉入の子供好みの煮物です。しかし、元日に実家に帰省したところ母が作ったおせちがありました。柔らかい味のお煮しめ、私にはまねできないきんぴら、ふっくらと甘い黒豆。全てが美味しく、子供たちも黒豆を食べていたのにはびっくりしました。おせちはやはり母の手作りが一番と、しみじみと思った今年の正月です。

関連ページ