急な出費はレイクALSAのキャッシングで安心

レイクALSAのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので審査時間が短く利用することができることですよね。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料というレイクALSAが多いですから銀行カードローンよりも便利です。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査時間の短さは優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらいレイクALSAの方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだとレイクALSAのサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

審査時間の長さですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

金融機関で高評価を得る要素は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

引用:
レイクアルサ即日融資・即日振込が可能?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

レイクALSAのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の異なる点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。